目元のくすみとダイエット

目元のくすみは無理なダイエットが原因?

ダイエットをするにあたって、毎日の食事はとても大切です。

 

いくら運動をしても、消費カロリー以上にカロリーをより多く摂取してしまうと、意味がないからです。

 

ですので、摂取するカロリーより消費するカロリーが毎日上回っていれば、体重増加はないということです。また、燃焼力をあげる食事を取り入れ、さらに運動によりうまく体重減少もできます。
普段毎日の食事を見直す事はダイエットに大切な要素となるでしょう。

 

 

ダイエットでとにかくやってはいけないことは過剰な食事制限です。

 

無理に食事制限をしても以前のパターンに戻すとすぐにリバウンドしてしまうし、ずっとその食事量を守ることを考えたらストレスが溜まって仕方ない。

 

甘いものを永遠に食べないなど守れるわけないのでやめましょう。

 

最初は嫌々だと思いますが、結局体を動かすのがベストだと思います。

 

どんな女性も一生に一度くらいはダイエットをしたことはあるでしょう。私もこの頃また意識し始め、軽めの朝ごはんとサラダの昼食を摂るようにしています。毎日同じサラダでなくて、少しだけ肉類とまた入れる野菜も変えて、飽きないように心がけています。するとその日のカロリー量を把握することができ、夕飯では自分が食べたいと思うものを食べられます。厳しい食事制限ダイエットよりやりやすいのではないでしょうか。
夕食の時間を気にしつつ、週末は高カロリーの食事を解放すれば、ダイエットの辛さもそこまでではないでしょう。
ダイエットに効果的なのは、腸の状態を整えることだと思われます。
即ち、腸内に食べ物が留まる時間が長いほどそれだけ吸収しようとする働きが備わっているように思います。

 

 

食事を取らなければ痩せますが、排便もなくなります。
食事から摂れない分の栄養を、腸内のものから摂取しようとするからだと思われます。ですので、お腹の環境を正し、スムーズな排泄が行われれば、労せずダイエットになるのではないかと思います。20時以降の飲食は極力避けています。
それが困難な時は、就寝に時間前には飲食しないようにしています。

 

夕食はおなかいっぱい食べないように気を付けています。嗜好品は、午前中に限定し、午後は食べないようにしています。

 

 

買う時にも、小袋のものか、小袋に分けて入っているものを選びます。午後のおやつでは、一口で食べられる大きさのものを選んでいます。

 

 

運動は嫌いなのでしませんが、歩ける距離なら極力歩くように心がけています。

 

ダイエットに関しては無茶をせず続けていくことが大事です。ポイントは食事と運動のバランスです。

 

中でも気をつけるのは食事です。

 

 

 

あまりにも隔った食事をすると、かえって、その反発がきて好物に手を出してしまうことが起きるので、リバウンドしかねません。お肌にも悪いです。

 

 

炭水化物を少なめにするとか、肉から魚にしてみるとか。

 

 

 

高タンパクかつ低カロリーはダイエットの必須条件です。ダイエット成功のためにはどんなことでも偏りがあってはいけません。

 

 

 

食事を全くしない、運動を全くしないなどでは一時的に体重は落ちてもリバウンドに繋がってしまう場合があります。

 

 

 

炭水化物は減らしても、その代わりタンパク質を増やしたり栄養価の高い野菜を意識的に食べるなど、栄養を考えた食事をした上で、適度な運動をプラスすることで、リバウンドが起こりにくい体を形成することができると思います。ただ何となく痩せたい、というのではなく痩せた結果どんな自分になっていたいかという明確なイメージを持てるかがダイエットを継続させるにあたってのコツだと思います。ゴールが見えていない状態の努力は続けにくいので、いつまでに何キロ落とす、その後は何を着て誰と会うかなど、細部まで徹底的に妄想しましょう。そうすれば、ちょっと甘いものを我慢することがそれほど苦にならなくなります。

 

近頃2週間くらいは、小腹が減ったときには濃縮タイプのブルーベリー黒酢を炭酸水で飲むようにしています。

 

6月半ばから体重が継続して増えていました。無理に食事量を減らしたのではなく、自然と食欲も落ち着き、ピーク時の体重から2キロ落ちました。

 

 

 

夜布団に入る前には足の上下運動をどちらも10回程度やるだけで腰回りが引き締まったように思います。

 

ダイエットの心構えとして無理せず継続させることを意識するのがいいと思います。せっかく痩せてもリバウンドしては意味がありません。
最初はカレンダーを用意して、そこに目標を記入します。

 

 

2キロ痩せるくらいの目標がちょうどいいかと思います。それから夕食のご飯を茶碗半分に減らします。また、30分弱歩くようにします。
これを週に3日くらいはやるようにします。週末体重計に乗り、体重をカレンダーに記します。

 

いきなり多くを期待せず、徐々に減らしていくのが、継続の秘訣です。